トリキュラー21の副作用まとめ。いつからいつまで続くのか?

トリキュラー21未分類

トリキュラー21の副作用についてと、その副作用がいつからいつまで続くのか説明していきます。

 

トリキュラー21の最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

トリキュラー21の一般的な副作用一覧

トリキュラー21の副作用についていくつか紹介していきたいと思います。

 

よくある一般的な副作用としては、他の低用量ピルと同様で吐き気、眠気、むくみ、腹痛、腰痛、めまい、嘔吐、頭痛、太る、不正性器出血などがあります。

 

軽い不快感(吐き気、頭痛、乳房の張りなど)を感じることがあります。

 

頻度としてはあまり多くないようですが、ピルを飲むことによって眠気に襲われることもあるようです。

 

不正性器出血(月経と月経の間の出血)、経血量の変化乳房痛嘔吐片頭痛などがみられることもあります。

 

体内のホルモンバランスが変化することにより、食欲が増進する人もいて、人によっては食べ過ぎによって太ってしまうという人もいたりします。

 

ピルの服用を始めると、体内のホルモンバランスの影響で身体がむくみ、水分を貯めこみやすくなることがあります。水分は重いですからその結果として、体重の増加に繋がるということが考えられます。

 

副作用がひどいようであれば医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

 

トリキュラー21の重大な副作用

 

また、ごく稀にですが、重大な副作用があらわれることがあります。

 

頻度は少ないものの、生命に関わる重大な副作用として血栓症(手足・肺・心臓・ 脳・網膜などの血管内に血のかたまりが詰まる病気)があらわれることがあります 。

 

注意すべき血栓症の初期症状としては、

 

手足….足の突然の痛み・腫れ、脱力・まひ

胸……突然の息切れ、押しつぶされるような痛み

頭……激しい頭痛

口……舌のもつれ・しゃべりにくい

目……突然の視力障害

 

このような症状があらわれた場合には飲むのをやめて、すぐに救急医療機関を受診するようにしましょう。

 

また、血栓症を防ぐためには、

長時間同じ姿勢でいたり、水分が不足したりすると血栓症が起こりやすくなります。適度に体を動かしたり、こまめに水分をとるようにしましょう。

 

喫煙は、静脈血栓症、肺塞栓症、心筋梗塞、脳卒中などの副作用の危険性を高めると報告されています。 この危険性は年齢(35歳以上)および 喫煙量(1日15本以上)により増加するといわれています。したがって、35歳以上の人でこの薬を服用する場合は、禁煙することが必要です。

 

重大な副作用を防ぐためにもトリキュラー21を飲む方は禁煙をしましょう。

 

トリキュラー21の最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

トリキュラー21の副作用はいつから?

初めてピルを服用するといった場合、最初の1週間、2週間では悪心などの小さな副作用が出ることがあると言われています。

 

副作用が起こる時期は個人差がありますが、吐き気や嘔吐などの一般的な副作用は飲み始めてからすぐ〜1ヶ月後くらいに始まる場合が多いようです。

 

また重大な副作用である血栓症は服用する時期に関わらず発症することがあるので、初期症状がみられたらすぐに救急医療機関を受診するようにしましょう。

トリキュラー21の副作用はいつまで続く?

“初期の副作用”は服用を開始してから2~3周期後にはほとんど治まっていることが多く、時間の経過とともに副作用は消えていくのが一般的です。

 

ホルモンが体に慣れてくると副作用がなくなっていくことが多いので、飲み続けていくうちに軽減していきます。

一般的には2〜3ヶ月ほどで改善する場合が多いようです。

 

副作用が出たらどうする?

これらの“ピル飲みはじめ時期”に現れる副作用への対策としては、無理に症状を我慢せずお医者さんに相談するということがあります。

他の種類の薬に変えることで、症状がすぐに治るというケースも少なくありません。

飲み続けていても症状の改善が見られない場合や、あまりにも副作用がひどい場合は薬が体に合っていない可能性があります。

 

吐き気などが強く出る場合は、同時に服用できる吐き気止めなどを処方してくれるお医者さんも少なくありません。

吐き気止めを飲むことで楽になるかもしれませんね。

 

薬を安全に服用するためにもトリキュラー21を服用している方は6ヶ月くらいを目安に定期的に医師の診察を受けることにしましょう。

 

トリキュラー21の最安値・最安心販売店はどこか見てみる

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.