スーパーPフォースの効果&体験談。正しい飲み方を解説!

早漏防止薬として人気の高いスーパーPフォースですが、「効きにくい」という声が聞かれています。

本当にそうなのでしょうか?

今回は実際に使用した経験者の体験談や感想、また副作用や飲み方についてもまとめていこうと思います。

スーパーPフォースを実際に使った人の体験談・感想

「スーパーPフォースいいかも・・」と思っているけども、それでも不安。そんな時に気になるのが実際に購入して使用した人の意見ですよね。

以下では、購入者の体験談をご紹介いたします。

 

「スーパーPフォースは効果があった!」という良い口コミ

確かに体が高揚するというか熱くなる感じはありましたが、吐き気等は当日も翌日もありませんでした。

シアリス系は飲酒後も即効性があって良かったのですが、硬度が増すと自分も気持ちがイイので早出ししたくなったりして・・・

早漏とまではいかないと思うんですが、彼女をより満足させるためにも、早漏防止の成分も入っているこのお薬はありがたいですね。

やっぱり挿入している時間が長いと女性側も気持ちがいいみたいです。

男性はどちらかというと、がっと勃たせて、すぐ出して満足、という人も多いかと思いますが、女性はじわじわと感じてくるらしいので、やはりセッ〇スの時間というのはある程度長い方がより感じてくれる気がします。

2回戦するより1回を大切にしたい私には、スーパーPフォースはゆっくり楽しみたい時に相手を何度でも満足させられる持続力があって最高でした。

 

シアリスの特徴が長い持続力なら、このお薬のいいところは瞬発力です。ガツンと勃起させて短期決戦!という方向けですね。

でも、早漏防止効果のある「ダポキサティン」という成分も入っているので、しっかり勃起もするけど、発射時間も引き延ばすことができます。

2つの成分のいいとこどりをしているようなかんじで、なかなか画期的なお薬だと思います。

2種類の薬を買うと費用がかなりかさむので、ED治療と早漏防止を1つの薬で出来るというのは、金銭的にもとても有難いと思い、重宝しています。

自分は特に副作用も感じたことがないですし、これからもこのお薬をリピートしていくつもりです。

スーパーPフォースを気に入ったようですね。

 

「スーパーPフォースは効きにくい・効かない」という悪い口コミ

下半身には30分くらいで効果が出てきました。 しかし、すごくあくびが出て、ツバを飲めないくらい舌下腺が不調に。 そして決戦終了後は下痢

まだ3粒有るので、半分に割って試してみます。 あと、少々ふらつく感じもするので、服用後は運転とかしないほうが良いかも知れません。

 

早漏改善と勃起効果があるスーパーPフォースを飲んだので、感想をレビューします。スーパーPフォースを1錠飲んで1時間くらいから身体が熱くなり、目頭が痛くなってきました。

そして頭痛が酷くなり、これが3時間ほども続きます。それからは症状が消えてカチカチ勃起になれる事ができました。そして早漏改善の効果はあったようななかったような・・・。

とにかく副作用が強くて正直エッ〇どころじゃなかったです。

他のレビューを見ると、半錠で丁度良かったとか、飲み続けて効果が実感できるとか言ってますね。

次回は半分にスーパーPフォースを割って使ってみることにしてみます。

一方、以上のように、効果は微妙とした人も多かったようです。

 

スーパーPフォースの成分とその効果時間

「バイアグラの勃起力」に「早漏防止効果」が加わったジェネリック医薬品で、スーパーPフォース1錠に、バイアグラの主成分「シルデナフィル100mg」と早漏防止の主成分「ダポキセチン60mg」が含まれています。

シルデナフィルとダポキセチンはそれぞれ勃起力と早漏を改善する成分です。

 

シルデナフィルの効果は錠剤を呑んでから30分1時間程度で出始め、最終的には4時間~5時間程度ほど効き目が持続します。

一方のダポキセチンは、セッ〇スを開始して挿入してから射精に至るまでの時間を3~4倍にしてくれるということで有名です。

とんでもない効果ですね。

 

果が継続する時間は5~6時間とされていて、錠剤を呑んでから1時間くらいで効果が出始めるので、服用のタイミングとしてはセッ〇スの1時間~3時間程度前がベストでしょう。

さて、このようにしっかり成分は入っていますから効果がありそうなものですが、このスーパーPフォースを実際に使用した人からはなぜか「効きにくい」という声が聴かれています。

いったいどういうことなのでしょうか?

 

実は、「効果がなかった」という方は、どうも使い方・飲み方を間違えているようなんです。

 

スーパーPフォースは海外で作られている製品です。そして、欧米人が使用することを想定してつくられているんですね。

なので、錠剤が大きいといったこともあるのですが、日本人が飲む場合、毎回1錠飲むのは量が多すぎるのです。

「効果がなかった」と答えた人は飲み方を間違えている恐れが高いですね。副作用が出にくい正しい使い方を実践しないと、満足のいく効果は得られません。

正しい服用方法でもって、お試しください。

 

早漏防止薬はその飲み方を誤ると、激しい副作用に襲われることになります。そうならないためにも、用法・用量を守ってきちんと正しく服用にするようにしてください。

それでは、スーパーPフォースの正しい飲み方についてご紹介いたします。

 

スーパーPフォースの正しい飲み方・使い方

スーパーPフォースの効果を最大限引き出すためには、飲む量とそのタイミングが重要です。

 

スーパーPフォースを飲むタイミングはいつがベスト?

スーパーPフォースを服用する時に守って欲しいことは、食前の完全にお腹が空っぽの時にお水あるいはぬるま湯で飲むことです。

スーパーPフォースに含まれる成分「シルデナフィル」は服用すると腸の壁を通じて吸収されますが、食事をとってしまうと腸は食事中に接種した油でベタベタになってしまいます。

そうすると、シルデナフィルを吸収することができず、効果が大幅に薄れてしまいます。

「スーパーPフォースは効かない!」と思ってる多くの人が、食前ではなく食事中ないし食後に服用しているのです。

「そりゃあ効かないですよ・・・」って話なんですよね。ただですね・・・と言ってももちろん食事は毎日とられることでしょう。

「空腹」の状態というのは具体的にいつのことを指すのかもわからないと思います。ですから、「食後」に服用するタイミングとして以下の時間を守るように心がけてみてください。

・前回の食事が食事の内容が油っぽいものなら、6時間~7時間以上置いてから
・前回の食事が食事の内容が油分の少ない食事なら、2時間~3時間以上置いてから

一方、「食前」に服用するのであれば、食事をする30分~1時間前飲むようにしてください。

というのも、シルデナフィルが体に完全に吸収されるまでにそれくらい時間がかかるからです。1時間程度経過した後であればどんな食事をしてもらってかまいません。

服用の間隔は、1日1回の服用で、次回の服用までは24時間以上を空けて服用します。

 

服用の際にお水の代わりに牛乳などの脂肪分を含む飲み物と一緒に飲むと、飲み物の脂肪分で吸収が妨げられますので注意が必要です。

 

またセッ〇スをする直前にお酒を飲むことも多いと思います。

実際、私は彼女とセッ〇スをする時はあらかた夕飯を一緒に済ませてからなので、たいがいお酒が入ってるんですよね。

特に、赤ワインは勃起力を高めてくれるので、そのお店に置いてあればほぼほぼ飲んでます。

ただし、ここで注意が必要です。

スーパーPフォースに含まれるシルデナフィルには血管拡張作用と血流を良くする作用があり、お酒が回りやすくなるので、飲酒量にはくれぐれも注意です。

飲む量は考えてくださいね。せっかくの時間が楽しめなくなりますので。

 

スーパーPフォースの1回服用量は?

購入した直後についてくる取扱説明書には飲む量として1錠と指定されていますが、これは日本人男性においては完全に多いです。もともと欧米人など体格の大きい人を想定してつくられていますので。

なので、事前に1/4錠~1/2錠の大きさにカットして飲むようにしてください。

スーパーPフォースの相場は、1箱4錠入りで2000円程度です。すると、1錠500円くらいの計算になりますが、1錠を1/4錠~1/2錠の大きさにカットして使うことで、コストパフォーマンスも高まりますし、ぜひお試しください。

カットにあたっては、市販されている「錠剤カッター(=ピルカッター)」をオススメします。

初めて使用する方は、1/4錠から始めましょう。

体質によって、どの程度の効果が出るかわかりませんので、まずは小さく試すことをオススメします。

また、錠剤をはさみでカットしようとすると、その場に錠剤のカケラが飛び散ることになり、絶対に後悔することになりますので、専用のカッターを必ずお使いください(笑)

 

その他、絶対にしてはならないこと

ついついやってしまいがち、だけども絶対にしないで欲しい飲み方を紹介します。

 

風邪薬と併用すること

体調が崩してる時は副作用が過度に出ることがありますから、風邪薬等との併用を控えた方がよいです。

 

グレープフルーツなど柑橘類と合わせて飲まないこと

グレープフルーツ(ジュースも含む)をはじめとする柑橘類に含まれるフラノクマリン酸という成分は、ED治療薬の代謝酵素を阻害する作用があります。

そのため、多くのED治療薬は柑橘類との飲み合わせが非常に悪いといわれています。もちろんスーパーPフォースも例外ではありません。

一緒に服用するとフラノクマリン酸の作用によって副作用が重症化する恐れもあるので、ED治療薬の飲み合わせには十分注意しましょう。

 

カフェインとの組み合わせもNG

薬とカフェインの飲み合わせが悪いという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。カフェインには血中濃度を高める作用があるので、薬との併用は基本的に禁止されています。

スーパーPフォースの血流を促進させる作用がカフェインと重なってしまうと、作用が強く表れ体に悪影響を及ぼす可能性があるので注意しましょう。

いかがでしたでしょうか?

ここまでに書いたことを忠実に守れば、それほど激しい副作用に襲われることはありません。参考になれば幸いです。

 

スーパーPフォースの副作用を気にする以前にそもそも服用してはならない人

スーパーPフォースの主成分は「シルデナフィル」と「ダポキセチン」です。これらに対して、アレルギー反応を起こしてしまう方はそもそも服用ができません。

また未成年や高齢者、そして普段から服用している医薬品やサプリメントによっては同時に飲むことによって健康被害を起こす場合があります。

例えば、Lトリプトファン、リネゾリド、ニトログリセリン、アンカロン錠といったものですね。抗うつ薬や抗真菌薬もこれに該当しますので、くれぐれもご注意ください。

スーパーPフォースの使用を検討しているけれども、少しでも不安がある場合や併用禁止薬に該当しているのかわからない場合は医師に相談しましょう。

 

スーパーPフォースの副作用は?

バイアグラの主成分でもあるシルデナフィルは、血管が拡張して血流が良くなる作用があります。その副作用として、「顔のほてり」「目の充血」「めまい」「腰痛」「胸やけ」が出る可能性があります。

ですが、これらの症状は軽いものであることが大半で、時間を置けばおさまるものです。

ただし、体調が悪くなった時はセッ〇スを続けるなどの無理をせずに安静にするようにしてください。

 

一方、早漏防止成分のダポキセチンが原因で引き起こすと言われている副作用は、下痢・吐き気・胃もたれ・倦怠感・頭痛ですね。

下痢をもよおす方は特に多いようです。あまりに頭痛がひどい場合は、ロキソニンやバファリンといった頭痛薬を併用して痛みを鎮める手段をとるのはアリです。

 

もし以上で見た副作用が出た場合でも、4時間~6時間で症状がなくなるようであれば特に問題はないとされていますが、それにも個人差があります。少しでも、身の危険を感じた時は落ち着いて冷静に対処するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)