プレモンの正しい飲み方。量は?更年期障害対策時は?

プレモン未分類

プレモンの正しい飲み方について、解説します。

 

プレモンの飲み方。適量は?

1日に0.625mg~1.25mg(0.625mg錠は1~2錠、1.25mg錠は0.5~1錠)水またはぬるま湯で服用してください。

機能性子宮出血または膣炎の場合は、1日0.625mg~3.75mg(0.625mg錠は1~6錠、1.25mg錠は0.5~3錠)を同様に服用してください。

 

飲む目的によっては、飲む量が違うようです。

「本当にこの飲み方でいいのかな?」と不安な時は、病院の先生に尋ねてみてください。

 

>>プレモンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

 

プレモンを飲み忘れた時はどうしたらいい?

もし飲み忘れた時はその時に飲むとよいですが、すでに1日以上経過し、次の服用時間近くになってしまった場合は、飲み忘れは服用せず、次からまた服用を始めましょう。

忘れたからと言って、2回分飲んだりはしないようにしてください。

 

サプリメントもそうですが、ついつい飲み忘れてしまう時ってありますよね。その時は上記の通り、対処してもらえればと思います。

 

更年期障害対策のために飲んでいる人のプレモンの量は?

更年期障害対策として服用している人はどんなことに気を付けながら、プレモンを飲んでいるのでしょうか。

 

47歳女性

更年期障害の緩和を目的として、一日一回1.25mgを一錠服用しています。

 

当サイトに届いている使用者の口コミを集計したところ、一番多いのが↑の飲み方です。

 

>>プレモンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.