プレモンの副作用は?血栓症、血栓塞栓症には要注意!

プレモン未分類

プレモンは効果がある反面、様々な副作用を生じる可能性があります。

いったい、どんな副作用があるのでしょうか。

さっそくですが、報告されているプレモンの副作用は以下の通り。

 

>>プレモンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

 

・ナトリウムや体液の貯留(浮腫、体重増加等)
・帯下増加
・不正出血
・経血量の変化
・乳房痛
・乳房緊満感
・腹痛
・吐き気、嘔吐
・食欲不振
・膵炎
・色素沈着
・脱毛
・頭痛
・めまい
・肝機能障害[AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-P上昇等]
・呼吸困難
・血圧低下
・発疹
・蕁麻疹
・血管浮腫
・血栓症
・血栓塞栓症

 

これらの中でも、実際にプレモンを使用した人のうち特別、報告が多いのが以下の症状。

乳房痛、乳房緊満感、不正出血、吐き気や嘔吐

 

といっても、重大な問題ではありません。

ただ体がビックリしているだけで、何か後遺症が残ったり、致命的な様態になるということも一切ありません。

 

しかし、すべての副作用が特に気しなくても大丈夫というものではないのも事実。以下の症状が出るのはごくごく稀なケースではありますが、十分に注意してください。

それが・・・

血栓症、血栓塞栓症

です。

 

初期症状としては、足が攣りやすくなったり、下半身のだるさ、立つときの気だるさ息苦しい等があります。ですので、プレモンを使用して何か異常を感じたら、使用を中止して医師による診断を受ける事が賢明です。

 

プレモンは、1.25mgと0.625mgの2つのパターンが販売されていますが、1.25mgでは効果がありすぎて逆に副作用が強すぎるという場合も考えられます。

これも含めたところで、担当医師に相談されてみてください。

 

>>プレモンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.