ノルレボ錠の効果を実感するためにはいつからいつまでに飲まないといけない?副作用まとめ。

ノルレボ未分類

望まない妊娠をシャットアウトしてくれる救世主的存在といえば、アフターピルのノルレボ錠です。

「もしも妊娠してしまったら……。」

出産や中絶について、そして、その費用についても考えていかなければなりません。

望まない妊娠とは事故のことであり、妊娠しないための対策についても、しっかり考えておくべきでしょう。

その際、ノルレボ錠を常備しておけば、不慮の事故にも万全対策をすることができます。

今回は、そのノルレボ錠の具体的な効果、そして服用後に想定されている副作用について、まとめていきます。

 

>>ノルレボ錠の最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

 

ノルレボ錠の効果効能

ノルレボ錠には、挿入後72時間以内に経口投与する事で妊娠を防ぐ効果が期待出来ます。

必ずしも、100%効力を発揮してくれるということではありませんが、正確な使い方をすれば、確率は99%にもすることができます。

 

ノルレボ錠の成分が、女性ホルモンのバランスを乱すことになります。

排卵をズラしたり、もし受精があったとしても、子宮内膜への着床を防ぎ、妊娠させないようにしてくれるのです。

 

他にも、精子が侵入するのを阻止したりなどの効果もあります。

身体のなかで受精が既にスタートしていても、受精卵の子宮に着床する事態を差し止め、 女性ホルモンのバランスを一時的に崩す作業が身体のなかで行われています。

多少、吐き気をともなうかもしれませんが、そこで吐きだしてしまっては、いい効果を期待出来ません。

 

多少苦しいとは思いますが、我慢するようにしてください。

 

ノルレボ錠の効果を得るためには、いつからいつまでに飲まないといけないの?

ノルレボ錠の効果は、性行為後から経口投与まで時間が早いほどいい効果があります。

より確実性を増したいのであれば、24時間以内というのがいいでしょう。タイムリミットは、72時間とされています。

 

性行為後に病院に行くのは面倒ですし、いつ何があるかわからないという点で、常に携帯常備しておくことをオススメします。

 

性行為から120時間が経過。効果はある?

ノルレボ錠の効果は、基本72時間以内とされています。ただし、120時間程度なら、それなり効果は期待出来るでしょう。

あきらめず出来る限りのことはしておいた方がよいです。

 

ただし、120時間でも大丈夫ということではありません。基本はやはり、72時間以内のほうです。

とにかくなるべく早めという意識を持つようにしましょう。

 

>>ノルレボ錠の最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

 

排卵日にノルレボ錠を飲んだ時の効果

ノルレボ錠を排卵前に服用したのであれば、排卵自体を遅らせることができます。

ノルレボ錠はそもそも受精卵を作らせないことと、 受精卵を着床させないことの両方の面から効果を発揮します。

ですから、排卵日・排卵日後の違いによっての避妊の成功率は変わらないとされています。

 

排卵後にノルレボ錠を飲んだ時の効果

ノルレボ錠を排卵後の服用した場合、 着床を防いでくれます。

ノルレボは黄体ホルモンのひとつです。黄体ホルモンは、排卵後から増加します。

卵巣から排卵が行われ、卵胞を育てていたカプセルが黄体に変わり、妊娠の継続に必要なホルモンが黄体から産生されます。

他の卵子の成熟を阻害し、排卵される卵子の数を一個体として調整していくことになりますが、ノルレボ錠を服用すれば、排卵されるはずの卵胞を阻害することができるのです。

排卵を阻害、 着床、受精後の初期の段階を阻害することができるのです。

 

排卵後に飲んでも大丈夫。ということですね。

 

ノルレボ錠に副作用はない?

もしも避妊に失敗してしまったとしても、妊娠した場合、胎児に影響はないとされているので、その点は安心していいでしょう。

ノルレボ錠に対してどのような副作用があるか気になっている人たちも多いでしょう。

 

WHOが公開したデータによると、ノルレボ錠を服用し、副作用を訴えた方の内訳として、「悪心23%、嘔吐6%」との報告があります。

さらに国内で統計を取ったところ、悪心9.2%、嘔吐0%だったということで、吐き気の副作用の被害は、なんとか回避出来ているのが実状です。

 

他に考えることができる副作用は、全身倦怠感、頭痛、腹痛、眠気、熱、月経出血量の増加や減少・下腹部痛といったものがあります。

どうしようもなく具合が悪くなる前に、医師に診てもらったほうがよいですね。注意してください。

 

ノルレボ錠の副作用はいつからいつまで?その期間

ノルレボ錠を服用して、いろいろな症状の副作用が出ることがありますが、出たとしても数時間から半日程度で症状は改善すると考えていいでしょう。

24時間つらい症状が続く事態は稀です。

 

いかがでしょうか。

これまで緊急避妊として使用されてきた製品と比較しても、副作用は少ないのが特徴です。

しかし、身体に受ける負担は完全にないわけではありません。

ノルレボ錠を使用しないで済むように、パートナーとよくしっかり話しあうことも大事でしょう。

 

>>ノルレボ錠の最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.