メガリスの効果。口コミ・評判。正しい飲み方。副作用報告は?

現在、EDや早漏が原因で治療を受けられている方は、20歳~80歳男性の約24%と言われています。潜在的にはさらに多いのではないかと言われています。

つまり、4人に1人は症状の程度の差はあれど、悩みを抱えているということですね。

メガリスは、このような方々の救世的存在。

ED治療薬関係では、2016年の注文数で1位と言われている人気のED治療薬です。

 

メガリスの成分解析

勃起は、外部から性的な刺激を受けることで、その刺激が脳から神経を通じてペ〇スへと伝わることで起こる現象です。その際、神経から一酸化窒素が放出され、cGMP(環状グアノシンーリン酸)という酵素が増加します。

cGMPが、陰茎海綿体の平滑筋の緊張を緩めることで、海綿体に流れこむ血液が促進され勃起します。反対に、射精後はcGMPが分解され、勃起を妨げる作用を持つPDE-5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素の活動が強くなります。

cGMPが分解されることで平滑筋の緩みが戻り、血管が収縮し陰茎海綿体が勃起の状態から通常の落ちついた状態にペ〇スが戻るのです。

このようにcGMPとPDE-5の働きにより陰茎海綿体の平滑筋を伸縮させることで勃起の状態、通常の状態を作り上げています。

メガリスに含まれるタダラフィル成分は勃起の状態を抑制するPDE-5の働きを阻害し、陰茎海綿体に流れ込む血流を促進します。これにより勃起の状態を作り、さらに維持の継続ができるようになります。

かなり難しい言語が並んでいますが、強力な成分が含まれていることがわかります。

 

メガリスの効果と効果持続時間

メガリスは、性交渉の途中で萎える中折れする、EDで悩んでいる方、性行為に自信が持てない方性行為に満足できない方でお悩みの方に効果があります。

メガリスの服用効果は、飲用後30分~45分位で自覚が出てきて、24時間から最長で36時間効果が持続します。

服用はEDの程度により、1回10mgあるいは20mg使用。重度なEDでも大丈夫。十分な効果をもたらします。

これだけ長時間、効果が持続するのならば、十分すぎますよね。

メガリスは効果あり!良い口コミ・評判

途中で中折れすることが多かったため試しに購入。ほとんど毎回酒飲んでからセッ〇スするが、中折れすることなく大満足。セッ〇スの1時間前に10mg服用し2~3発、翌日朝にも1発。

前戯からフィニッシュまで2時間以上も勃起状態が続くのはすごい。難点は体力不足で疲れてくるため、30分以上腰を振り続けられないため、休憩しながらでないといけないことくらいか。

そのため体を鍛えるようになったのは嬉しい誤算。

 

ひとまわり以上、年下の彼女には内緒にしているが、最近では向こうからお泊まりをねだってくるようになった。副作用らしきものは今のところ特に無し。

 

当方、70歳になりました、古稀を迎えると色々な障害が出ると、先輩から注意を頂いておりました。確かに出ました。男性の機能が気持ちとは裏腹にNGで挿入できません。

男としての寿命と滅入っておりましたところ、メガリスを試してみました。

私は週一のペースですが、飲んでから1-2時間前後で、40歳代と変わらぬ機能を受けて、気持ちもすっきり、健康な夫婦生活を享受しております(パートナーからはいい加減にしたらと云われますが、男の本能と割り切ってもらっています)。

メガリスの口コミで良い評価は、全体の88%を占めています。それらの口コミのうち、代表的なものをご紹介しました。

 

メガリスは効果なし!悪い口コミ

何度か試したのですが、あまり効果が感じられません。恐らく体質によるものと思います。色々試してみる必要が有ります。

 

効果はありますが、服用後の脱力感と言うか疲労感がバリフの時より強く長時間残る気がしますが、個人差なんでしょうか。

効果に個人差があるのは、ある程度仕方がないですね。しかし、副作用がほとんど出ないのはかなり好感を持たれているようです。

ですが、「効果がない!」と評価した人の大半がその飲み方を間違えているというケースです。使用の際は、必ず正しい飲み方で服用し、最大限の効果を得るようにしてください。

 

メガリスの正しい飲み方とその量やタイミング

1日1回1/2~1錠を性行為の1~2時間ほど前に服用します。服用後、効果があらわれるまでに1時間ほどかかります。

薬の効果が出ると勃起するのではなく、性的な刺激を感じると勃起します。

服用のタイミングは、空腹時で性行為の1時間前に服用するのが正しい飲み方です。1度服用した後、次に服用する時は、24時間以上の間隔を空けてください。

服用量は10mgであまり効果を実感出来なかった場合にのみ、20mgに用量を上げます。

自分に身に合った用量にしてください。

時々、「より多い量を飲んだ方が、より効果が強く出るだろう」と期待して、決められた用量の2倍・3倍といった量を一度に服用される方がいますが、効果はありません。

量と効果は比例しませんので、ご注意ください。

1回の性行為で服用できるのは20mgまでとなっています。通常、10mgでも効果が期待できます。推奨用量は、初めての方は10mgからです。

また、メガリスを飲んだ直後に食事をしてはダメです。成分のタダラフィルは、腸から吸収されて体内の血液に巡回します。

胃に食べ物が入っていると、錠剤が腸に運ばれる前に胃で吸収されてしまうため、効果が半減してしまいます。

あるいは、脂質の多い食事などをしてしまうと、腸壁に食べ物の油などが付着してしまい、成分の吸収が悪くなってしまいます。吸収が不完全になり、これもオススメできません。

あまり飲みすぎると、ひどい副作用に見舞われることがありますので、注意してください。

メガリスの副作用

メガリスの主な副作用は、血管の拡張に伴う血圧の低下、目の充血、顔のほてり、動悸、鼻詰まりなどがあげられます。

また以下に該当する方は、服用をできるだけ控えるようにしてください。

  1. 心血管系障害(心臓または血管に生じる病気)があり、性行為が不適当と考えられる方
  2. 重度の肝機能障害のある方
  3. 低血圧の方、治療による管理がなされていない高血圧の方
  4. 脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある方
  5. タダラフィルに対してアレルギー症状の既往歴のある方

快楽を得ようとしたのに、そのプロセスで逆に体調を壊したら意味がないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)