エチニラの副作用まとめ。正しい飲み方は1日何錠が正解?

エチニラ未分類

エチニラを飲むことで起こりうる副作用と、正しい飲み方についてまとめました。

 

>>エチニラの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

 

エチニラの副作用は吐き気?他に何があるの?

エチニラは、女性ホルモンを増やし、様々な効果を得られるため人気が高いですが、ホルモンを増やすことで現れる副作用もあるので、どのような副作用があるのかいくつか紹介していきます。

 

ホルモンが突然増えることで体内のホルモンバランスが乱れるため、眠気や吐き気、頭痛などの初期症状が起こる可能性があります。

初期症状が起こり、さらに女性ホルモンを増やし続けると、「精神不安定」・「血流の悪化」・「生殖機能の減退や消滅」といった副作用が存在し、その他にも様々な副作用があるといわれています。

 

まず精神不安定とは、普段よりもストレスを感じやすくなり、それによってやる気の減退や鬱などの症状が現れます。

また、ホルモンのバランスが乱れることで肝臓に大きな負担をかけるため、エチニラの使用を続ける場合は、普段から肝臓のケアを心がけるといいでしょう。

 

次に、生殖機能の減退や消滅の症状は男性に現れ、性欲に対して興味がなくなることによって男性器が萎縮し、精液の生成に異常が起こり勃起不全になります。

 

その他にも男性に起こる症状で、女性ホルモンの効果で胸が膨らみますが、一度膨らんだ胸は元通りには出来ず、失った生殖機能が戻らないケースもあります。

 

最後に、最も気をつけなくてはならない「血流の悪化」について説明をしていきます。

 

血流が悪化することによって「血栓症」が発症する可能性があり、軽度な症状でも突然の頭痛や動悸・息切れ、視力の低下などが挙げられます。

ホルモンを摂取することで血の粘度が高くなります。血が固まり詰まることで発症しますが、発症する確率は非常に低くなっています。

しかし、血栓症が発症すると命の危険があるため、エチニラやその他のホルモンを刺激する作用があるものを摂取する際には細心の注意が必要です。

 

エチニラの正しい飲み方は1日何錠?半減期の量は?

こちらではエチニラを使用する上での1日の目安量と、半減期の量について説明していきます。

 

エチニラの効果を最大限に得るためには、常温の水で服用することが最適とされており、その他の飲み物で飲用すると、効果を十分に得ることが出来なくなります。

お茶やアルコールなどは尿意を促すため、エチニラを吸収する前に成分が排出される可能性があり、スポーツドリンクなどで服用すると、エチニラの他に色々な成分を吸収するので、効果が弱まる可能性があります。

エチニラの1日に服用する量は2錠とされており、継続的に使用することで体に掛かる負担を軽減することも出来ます。

1日に使用する量を増減させるとホルモンのバランスが乱れ、体調不良や血流が悪化する可能性があるため、正しい飲み方をしましょう。

 

ここからはエチニラの半減期について紹介しますが、半減期とは服用してから効果が弱くなり始めることを指します。

 

エチニラの半減期は11時間となっているため、およそ12時間に1回服用することを推奨されています。

一般的に服用されているタイミングは朝食後と夕食後になっており、食後に使用することで時間がわかりやすく、飲み忘れを防ぐことが出来ます。

半減期に合わせて服用することで、24時間常にエチニラの効果が最大限に発揮されることによって、効率良く女性化を進めることが可能となっています。

 

また、毎日同じ時間に服用することで、ホルモンのバランスが安定するため、エチニラを使用した際にかかる体への負担が減るため、体調も安定します。

女性ホルモンを増やすことで、様々な効果を得ることが出来ますが、過剰な摂取は逆効果となるため注意が必要です。

正しい飲み方をしていても副作用が起こる可能性もあるので、様子を見ながら使用し、副作用が軽減されなければ服用をやめて、専門家に相談することを推奨します。

 

>>エチニラの最安値・最安心販売店はどこか見てみる<<

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.