デュファストンの正しい飲み方。飲み忘れたらどうすればいい?

デュファストン未分類

デュファストンは更年期障害や生理不順など、女性特有の症状の治療に用いられる薬として知られています。

今回はデュファストンの正しい飲み方や、飲み忘れた場合の対処方法についてご紹介しますので参考にしてください。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

デュファストンの飲み方 飲む間隔は空ける必要がある?

デュファストンは、生理不順、無月経、早産や切迫流産の治療に効果があるんです。

症状により服用する分量や回数が異なりますが、通常1日に1~3錠(5~15mg)を朝・昼・夜1回~3回に分けて飲むようにと処方されます。

また、デュファストンには以下のような副作用が起こる可能性がありますから注意が必要です。

 

デュファストンの副作用

吐き気や嘔吐

眠気や頭痛、めまい

食欲不振

発疹や蕁麻疹

 

短い間隔で飲むと副作用が強く出てしまうこともありますから、飲む間隔は空けなければいけません。

この他にも注意点として、この薬は肝臓で代謝されるようになっていますから、肝臓に重い障害や疾患がある方は服用してはいけないということが挙げられます。

 

デュファストンを飲むと肝臓に負担が掛かり過ぎる為、症状が悪化する可能性がありますから、病院に行った際には、医師にその旨を伝えておきましょう。

 

デュファストン 更年期障害対策としての飲み方

更年期障害の症状は、人によってどの程度のものなのか異なります。

医師が診察してからの判断になり、症状に応じて飲む量や回数に違いがあるんです。

デュファストンを処方されたら、医師や薬剤師の指示に従って飲むことが大切になります。

 

更年期障害の治療については、専門医のサイトで詳しく解説していますので、こちらのリンクを参考にしてください。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

デュファストンを飲み忘れたら影響はどれくらい出る?

デュファストンを飲み忘れてしまっても、1回や2回程度なら大きな影響は無いと言って良いでしょう。

全く飲んでいないというのは論外ですが、病院で指示された量や飲む時間を守れなかった場合には、期待通りの効果を得られない可能性があります。

何度も飲み忘れてしまったり、決められた時間に飲めないといったことが続くようでしたら、病院で相談しましょう。

 

デュファストンを飲み忘れた時、間隔を空けた方がいいのか?

デュファストンを決められた時間に飲み忘れてしまった場合、飲み忘れに早く気づいたらすぐに飲めば問題ありません。

また、気づいたのが遅かった時には、次回飲む時間に飲みましょう。

間隔が短いと副作用が強くなる可能性があります。

薬の血中濃度が低下するまで約8時間ほどかかりますから、このくらいの間隔を空けて飲んでくださいね。

デュファストンは飲み忘れた分はどうしたらいいのか?

デュファストンを決められた時間に飲み忘れてしまった分は、次回の決められた時間に飲めば問題ありません。

また、飲み忘れたからといって一度に2回分を飲むと副作用が強くなったり、ホルモンバランスに影響が出る場合がありますから、飲み忘れたとしても決められた量を飲むようにしてください。

デュファストンは医薬品ですから、自分勝手な判断で飲む量や回数を変えるのは大変危険です。

もしも、対処方法に困った場合には、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

 

デュファストンの飲み忘れ 更年期障害対策の場合はどう?

更年期障害の治療でデュファストンを処方され、飲み忘れてしまった場合は、上の方で説明したものと同様の方法で対処しましょう。

薬を飲み忘れてしまうと、思うような効果が得られないことがあるんです。

頻繁に飲み忘れてしまうことがあるようでしたら、携帯電話やスマホのタイマーを使用することをオススメします。

毎日飲まなければいけない時間にセットしておけば飲み忘れてしまうこともありませんよね。

自分なりに飲み忘れないような対策をすることも、薬の効果を得る為には必要です。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.