デュファストンの口コミまとめ。効果はいつまで続く?副作用まとめ。

デュファストン未分類

不妊治療や妊娠中の切迫流産・早産への対応として、デュファストンという薬が処方されることもあるでしょう。

デュファストンは、女性ホルモンのバランスを整えて、妊娠・出産に向けた体づくりをサポートする効果を期待することができます。

今回、デュファストンの効果などについてお話しします。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

デュファストンは効果あり?良い口コミ

デュファストンにいい効果は期待出来るのでしょうか。デュファストンは、合成黄体ホルモン剤の一つです。

デュファストンの成分のひとつは、「ジドロゲステロン」です。「ジドロゲステロン」が、女性ホルモンの「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の作用を補ってくれることに。

既に、デュファストンには50年以上の患者さんに使用されて来ており、そのような意味では安心して利用することができます。

デュファストンは、黄体ホルモンの作用を補い、無月経や生理不順などの月経異常に対して、いい効果を発揮します。

デュファストンを飲んで黄体ホルモンを補充すれば子宮内膜の十分な厚さを維持することができ、デュファストンの服用をやめることで子宮内膜が剥がれ落ちます。

デュファストンによって人工的な生理を起こすことができ、生理不順や無月経の改善に役立てることができます。

その効果は口コミでもいろいろな女性たちが評価をしています。

 

デュファストンで妊娠した?不妊に効果あり?

デュファストンのメーカー曰わく、デュファストンを服用し続けて、無月経が治った人は77.8%、そして生理不順が治った率は83.3%だということです。

デュファストンで、子宮内膜症が改善された事例も報告されています。 子宮内膜症は、子宮内膜に似ている組織が子宮以外の場所で増殖してしまい、炎症を起こす症状です。

月経困難症が起きてしまったり、不妊にも繋がってしまうでしょう。

デュファストンで黄体ホルモンを補うことができれば、バランスを整わせることができ、子宮内膜の症状緩和へと繋げることができます。

 

デュファストンの更年期障害への効果は?

デュファストンは、更年期障害にもいい効果が期待出来るのでしょうか。

更年期障害の人たちに、 ホルモン補充療法(HRT) ・漢方療法・プラセンタ療法・精神安定剤・抗鬱剤などの方法が取られることになります。

その中でHRTは、女性ホルモンの低下によって引き起こる高脂血症、動脈硬化を予防、心筋梗塞や、骨粗鬆症、記憶力低下、認知症、アルツハイマーなどの発症率を低下させることまで期待されています。

HRT(ホルモン補充療法)に用いる薬剤は、卵胞ホルモンのみ・黄体ホルモンのみ・卵胞ホルモンと黄体ホルモンの合剤などがありますが、黄体ホルモンのみの薬剤として使用されるものが、このデュファストンです。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

 

デュファストンの効果時間はいつまで?

黄体ホルモン剤のデュファストンは、子宮内膜に作用し子宮内膜が厚くなっている状態なので、デュファストンを飲んでいるあいだ、生理が遅れたり来なかったりします。

しかし、デュファストンの服用をやめてしまえば、通常は数日で厚くなっていた子宮内膜がはがれて生理が起きます。

服用の後、1週間以上生理が来ないときは医師に相談しましょう。

生理が来ない場合は、妊娠している可能性もあるので生理予定日1週間後から妊娠検査薬の検査をしてみてください。

デュファストンの飲み方は内容によって違いがあるので、しっかり医師の指示に従い飲むことが大事です。量は時期を守り、もしも飲み忘れてしまったら、医師に相談して、次の服用をしてください。

 

デュファストンは効果なし?悪い口コミ

インターネットの口コミなどチェックすれば、デュファストンという薬にそれほどいい効果が期待出来なかったという声もあります。

時として、そのような意見に耳を傾けることも大事では。

ネットでは、「ブクブク太ってしまう」とか、「10日で5kgも太った」とか、「むくみがひどくてストレスを感じる」とかデュファストンの服用を不安視させる声も。

デュファストンを服用してもなかなかいい効果は出来ないで体温は高めを維持し、ボーっとすることがたびたびあったということです。

デュファストン自体には基礎体温を上昇する作用はありませんが、基礎体温の上昇が起これば排卵の可能性があります。高温期に服用すれば、子宮内膜を維持し高温期が続くという作用があります。

ある女性はデュファストンを服用して40キロだった体重が、48キロにもなってしまったということです。 食欲増加で効果を見る前にやめてしまったものの、その後もなかなか食欲が止まらなかったということです。

いい効果はそれほど期待出来なかったけど、ホルモン剤ということで、服用したら顔がむくんで凄い事になってしまったという口コミもあります。

妊娠のためにはデュファストンではなく、ストレス解消などのほうが効果的だったりすることも女性のよってはあるのかもしれません。

 

デュファストンの副作用まとめ

合成黄体ホルモン剤のなかには、妊娠中に服用してしまえば、お腹の中の赤ちゃんが男性化してしまうよう作用してしまうものもありますが、デュファストンにはそのような作用はないから安心して使用することができます。

ただし、まれに副作用として、太る、下腹部痛、下痢、吐き気、頭痛、胸の張り、出血、イライラ、眠気などがあらわれることもあります。

デュファストンを服用して調子が悪くなってしまったときには、無理に飲み続けることはしないで、医師に相談して、量を減らすなどの調節をしてください。

 

デュファストンの最安値・最安心販売店はどこか見てみる

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.